RSSが付けられているすべてのエントリー: "シャー"

イスラームと自由民主主義

ロビンライト
1990 年代に民主主義が直面したすべての課題の中で, イスラム世界における最大の嘘の一つ. イスラム教徒が圧倒的多数を占める40以上の国のうち、民主主義体制の確立に向けて大きく前進した国はほんの一握りにすぎない. この一握りの中で–アルバニアを含む, バングラデシュ, ジョーダン, キルギスタン, レバノン, マリ, パキスタン, とトルコ–誰もまだ完全に達成していません, 安定, または民主主義を確保する. そして、政治的多元主義に向かう世界的な傾向に抵抗している最大の単一の地域ブロックは、中東と北アフリカのイスラム諸国で構成されています。.
しかし、イスラム圏に関連する政治的変化への抵抗は、必ずしもイスラム教徒の信仰の機能ではありません.. 確かに, 証拠はまったく逆であることを示している. イスラム世界で最も反民主的な政権の支配者–ブルネイなど, インドネシア, イラク, オマーン, カタール, シリア, とトルクメニスタン–同胞と権力を共有することを拒否する世俗的な独裁者である.
全体, イスラム諸国における政治的多元主義への障害は、以前に世界の他の地域で直面した問題と同じです。: イラクやシリアのバース教などの世俗的イデオロギー, インドネシアのパンチャシラ, または一部の旧ソ連中央アジア諸国で長引く共産主義は、真の反対を受け入れない. 皮肉なことに, これらのイデオロギーの多くは西洋から取り入れられたものです; バース教, 例えば, 1930年代と1940年代のヨーロッパの社会主義に触発された. サウジアラビアとブルネイでの通信からウズベキスタンとインドネシアへの外国人訪問者に至るまで、政府はあらゆるものを厳格に管理しており、国民を民主的な考えから隔離し、大衆のエンパワーメントに関する議論も行っています。. 最大かつ最貧のイスラム教国で, さらに, よくある問題 [最終ページ 64] 発展途上国, 非識字と病気から貧困へ, 単純な生存を優先し、民主的な政治をぜいたく品のように見せる. ついに, アジアやアフリカの非イスラム教徒の隣人のように, ほとんどのイスラム社会には、参考になる民主主義の歴史がありません。. 過去3世紀にわたって西側諸国で民主主義が花開いたように, イスラム社会は通常、植民地支配者の下で生活してきた, キングス, または部族および一族の指導者.
言い換えれば、, イスラム教もその文化も政治的近代化への主要な障害ではない, たとえ非民主的な支配者が時々イスラム教を言い訳に使うとしても. 1 サウジアラビアで, 例えば, 支配するサウド家はワッハーブ派に依存していた, スンニ派イスラム教の清教徒的ブランド, 最初にアラビア半島の部族を統一し、次に王朝の支配を正当化する. 他の一神教と同じように, イスラームは広範囲にわたる、時には矛盾する教えを提供しています. サウジアラビアで, イスラム教の信条は、権威主義的な君主制を維持するために選択的に形作られてきました.