RSS内のすべてのエントリ "アルジェリア" カテゴリー

政治的イスラムを係合するための戦略

シャディハミド

AMANDAはカッドレック

政治的イスラム教は、今日の中東で最も活発な唯一の政治勢力です。. その未来は地域の未来と密接に結びついています. 米国と欧州連合がこの地域の政治改革を支援することにコミットしている場合, 彼らは具体的な工夫が必要になります, イスラム主義グループを関与させるための首尾一貫した戦略. まだ, アメリカ. 一般的に、これらの運動との対話を開くことを望んでいませんでした. 同様に, イスラム主義者とのEUの関与は例外でした, ルールではありません. 低レベルの連絡先が存在する場所, それらは主に情報収集の目的を果たします, 戦略的目標ではない. アメリカ. EUには、この地域の経済的および政治的発展に取り組む多くのプログラムがあります。その中には、中東パートナーシップイニシアチブがあります。 (MEPI), ミレニアムチャレンジコーポレーション (MCC), 地中海連合, および欧州近隣政策 (EN P) –それでも彼らは、イスラム主義の政治的反対の挑戦がより広い地域の目標にどのように適合するかについてはほとんど語っていません。. 米国. EUの民主主義支援とプログラミングは、ほぼ完全に権威主義政府自体、または自国の社会で最小限の支援を受けている世俗的な市民社会グループのいずれかに向けられています。.
現在の政策を再評価する時が来た. 9月のテロ攻撃以来 11, 2001, 中東の民主主義を支援することは、西側の政策立案者にとってより重要であると想定されています, 民主主義の欠如と政治的暴力との関連性を見ている人. 政治的イスラム内の変化を理解することに、より大きな注意が向けられてきました。. 新しいアメリカの政権は、イスラム世界とのコミュニケーションを広げることに対してよりオープンです. その間, エジプトのムスリム同胞団を含む、主流のイスラム主義組織の大多数, ヨルダンのイスラム行動戦線 (IAFの), モロッコの公正発展党 (PJD), クウェートのイスラム憲法運動, そしてイエメンイスラ党–政治改革と民主主義への支援を彼らの政治的基盤の中心的要素にすることがますます増えています. 加えて, 多くの人が米国との対話を開くことに強い関心を示しています. およびEU政府.
西側諸国と中東との関係の将来は、前者が共通の利益と目的についての幅広い対話に非暴力のイスラム主義政党を関与させる程度によって主に決定される可能性があります. 最近、イスラム主義者との関わりに関する研究が急増しています。, しかし、実際に何が必要かを明確に扱っている人はほとんどいません。. ZoeNautréとして, ドイツ対外関係評議会客員研究員, それを置きます, 「EUは関与について考えていますが、実際にはその方法を知りません。」1議論を明確にすることを期待して, 「エンゲージメント」の3つのレベルを区別します,」それぞれがさまざまな手段と目的を持っています: 低レベルの連絡先, 戦略的対話, とパートナーシップ.

イスラム政党 : 運動の3種類

タマラCofman

の間に 1991 と 2001, 政治的イスラムの世界は著しく多様化した. 今日, 「イスラム主義者」という用語は、一連の宗教的解釈とコミットメントによって中心的に知らされた政治的視点を説明するために使用され、ほとんど意味がないほど幅広いグループに適用できます。. これには、飛行機を世界貿易センターに飛ばしたテロリストから、女性参政権に賛成票を投じたクウェートで平和的に選出された議員まで、すべての人が含まれます。.
それでもなお, イスラム主義運動の卓越性—合法および違法, 暴力的で平和的—アラブ世界全体の政治的反対勢力の中で、関連する区別を描く必要性が明白になっています. イスラム主義者の宗教的言説は今や不可避的にアラブ政治の中心となっている. 従来の政策議論はイスラム主義者を「穏健」または「過激」と分類している,」一般的に、2つのかなり緩くて役に立たない基準に従ってそれらを分類します. 最初は暴力です: ラジカルはそれを使用し、モデレートは使用しません. これは、それ自体は暴力に関与していないが、容​​認しているグループをどのように分類するかという問題を提起します。, 正当化する, または積極的に他人の暴力をサポートします. 2番目, やや制限的な基準は、問題のグループまたは個人のどちらであるかです。
民主的な選挙ゲームのルールを受け入れる. 人気のある主権は、伝統的なイスラム主義者にとって小さな譲歩ではありません, その多くは、民主的に選出された政府を神の主権の皇位簒として拒否します.
しかし、民主的選挙の手続き規則へのコミットメントは、民主的政治やガバナンスへのコミットメントと同じではありません。.

イスラム国 : 民主主義のための恩恵または悩み?

アムルHamzawy

ネイサンjは. ブラウン

What role do Islamist movements play in Arab politics? With their popular messages and broad followings within Arab societies, would their incorporation as normal political actors be a boon for democratization or democracy’s bane? For too long, we have tried to answer such questions solely by speculating about the true intentions of these movements and their leaders. Islamist political movements in the Arab world are increasingly asked—both by outside observers and by members of their own societies—about their true intentions.
But to hear them tell it, leaders of mainstream Arab Islamist movements are not the problem. They see themselves as democrats in nondemocratic lands, firmly committed to clean and fair electoral processes, whatever outcomes these may bring. It is rulers and regimes that should be pressed to commit to democracy, say the Islamists, not their oppositions. We need not take such Islamist leaders at their word. 確かに, we should realize that there is only so much that any of their words can do to answer the question of the relationship between these movements and the prospects for democracy.
While their words are increasingly numerous (Islamist movements tend to be quite loquacious) and their answers about democracy increasingly specific, their ability to resolve all ambiguities is limited. 最初, as long as they are out of power—as most of them are, and are likely to remain for some time—they will never fully prove themselves. Many Islamist leaders themselves probably do not know how they would act were they to come to power.

政治的イスラムの誤った測定

マーティンクラマー

Perhaps no development of the last decade of the twentieth century has caused as much confusion in the West as the emergence of political Islam. Just what does it portend? Is it against modernity, or is it an effect of modernity? Is it against nationalism, or is it a
form of nationalism? Is it a striving for freedom, or a revolt against freedom?
One would think that these are difficult questions to answer, and that they would inspire deep debates. Yet over the past few years, a surprisingly broad consensus has emerged within academe about the way political Islam should be measured. This consensus has
begun to spread into parts of government as well, especially in the U.S. and Europe. A paradigm has been built, and its builders claim that its reliability and validity are beyond question.
This now-dominant paradigm runs as follows. The Arab Middle East and North Africa are stirring. The peoples in these lands are still under varieties of authoritarian or despotic rule. But they are moved by the same universal yearning for democracy that transformed Eastern Europe and Latin America. True, there are no movements we would easily recognize as democracy movements. But for historical and cultural reasons, this universal yearning has taken the form of Islamist protest movements. If these do not look
like democracy movements, it is only a consequence of our own age-old bias against Islam. When the veil of prejudice is lifted, one will see Islamist movements for what they are: the functional equivalents of democratic reform movements. True, on the edges of these movements are groups that are atavistic and authoritarian. Some of their members are prone to violence. These are theextremists.” But the mainstream movements are essentially open, pluralistic, and nonviolent, led bymoderates” また “reformists.” Thesemoderatescan be strengthened if they are made partners in the political process, and an initial step must be dialogue. But ultimately, the most effective way to domesticate the Islamists is to permit them to share or possess power. There is no threat here unless the West creates it, by supporting acts of state repression that would deny Islamists access to participation or power.

イスラーム主義運動とアラブ世界で民主的なプロセス: グレーゾーンを探る

ネイサンjは. ブラウン, アムルHamzawy,

マリーナオタウェイ

過去10年間, イスラム主義運動は、中東の主要な政治的プレーヤーとしての地位を確立しています. 政府と一緒に, イスラム主義運動, 中程度および急進的, 予見可能な将来に地域の政治がどのように展開するかを決定します. これらは、広く人気のあるメッセージを作成するだけでなく、, 最も重要な, 真の社会基盤を備えた組織を作り、首尾一貫した政治戦略を開発する. 他の当事者,
概して, すべてのアカウントで失敗しました.
西側の一般市民と, 特に, アメリカ合衆国, 劇的な出来事の後、イスラム主義運動の重要性に気づいただけです, イラン革命やエジプトのアンワル・アル・サダト大統領の暗殺など. 9月のテロ攻撃以来、注目ははるかに持続している 11, 2001. 結果として, イスラム主義運動は、危険で敵対的であると広く見なされています. そのような特徴付けはイスラム主義のスペクトルの根本的な終わりにある組織に関しては正確ですが, 彼らの目標を追求する際に無差別な暴力に訴える彼らの意欲のために危険です, 暴力を放棄または回避した多くのグループの正確な特徴ではありません. テロ組織が即座に提起するため
脅威, しかし、, すべての国の政策立案者は、暴力的な組織に不釣り合いな注意を払ってきました.
それは主流のイスラム主義組織です, 過激なものではありません, それは中東の将来の政治的進化に最大の影響を与えるでしょう. アラブ世界全体を統一するカリフ制を再構築するという過激派の壮大な目標, あるいは、イスラムの原理主義的解釈に触発された法律や社会慣習を個々のアラブ諸国に課すことさえ、今日の現実からかけ離れすぎて実現できないのです。. これは、テロリスト集団が危険ではないという意味ではなく、不可能な目標を追求しても人命を大きく失う可能性があるという意味ではありませんが、中東の顔を変える可能性は低いということです。. 主流のイスラム主義組織は一般的に異なる問題です. これらはすでに多くの国の社会慣習に大きな影響を与えています, 世俗主義の傾向を止めて逆転させ、多くのアラブ人の服装と行動の仕方を変える. そして彼らの当面の政治的目標, 自国の通常の政治に参加することによって強力な力になるために, 不可能ではありません. モロッコなどですでに実現されています, ジョーダン, そしてエジプトでさえ, これは依然としてすべてのイスラム教の政治組織を禁止しているが、現在議会には88人のイスラム教徒の兄弟がいる. 政治, 暴力ではありません, 主流のイスラム主義者に彼らの影響力を与えるものです.

イスラム, イスラム, との選挙原理中東

ジェームスPiscatori

おそらくその時が来たアイデアのために, 「民主主義」は驚くべきことを覆い隠します

未回答の質問の数と, イスラム世界で, 生成しました

かなりの熱量. それは文化的に特定の用語ですか, 西洋を反映

数世紀にわたるヨーロッパの経験? 非西洋社会は所有していますか

参加と説明責任の独自の基準-そして実際に独自の

注意を引く発達のリズム, 尊重しない場合? イスラム教はありますか,

聖書の権威と神聖な法の中心性に重点を置いて, 許可する

柔軟な政治と参加型政府のために?

これらの質問への回答は、物語と反物語の一部を形成します

それ自体が争われている談話の不可欠な部分であること. より大きな物語

「イスラム教」が西側への脅威を構成するかどうかに関する懸念, と補足

物語は民主主義とのイスラムの互換性を含みます. 知識人

荷物, 比喩を変えるために, ほとんど中立ではありません. 議論自体は

急激に政治化する, オリエンタリズムをめぐる関連論争に巻き込まれた,

特に中東と一般的なイスラム世界の例外主義,

と宗教的な「ファンダメンタリスト」運動のモダニズム.

政治的イスラムとヨーロッパの外交政策

政治的イスラム教と欧州近隣政策

マイケル・エマーソン

リチャード・ヤングス

以来 2001 そして、西側と政治的イスラムとの関係の本質をもたらした国際的な出来事は、外交政策の決定的な問題となっています。. 近年、政治的イスラムの問題についてかなりの量の研究と分析が行われてきました。. これは、イスラム主義の価値観と意図の性質について以前に西洋で保持されていた単純で警戒心の強い仮定のいくつかを修正するのに役立ちました. これと並行して, 欧州連合 (ME) 主に欧州近隣政策を中心に多くの政策イニシアチブを開発してきました(EN P) 原則として、すべての対話とより深い関与にコミットする(非暴力) アラブ諸国内の政治的アクターと市民社会組織. しかし、多くのアナリストや政策立案者は、現在、概念的な議論と政策立案の両方で特定のトロフィーを訴えています. 政治的イスラムは変化する風景であることが確立されています, さまざまな状況の影響を強く受ける, しかし、議論はしばしば「イスラム主義者は民主的であるか」という単純な質問に固執しているようです。?’それにもかかわらず、多くの独立したアナリストはイスラム主義者との関わりを提唱してきました, しかし、西側政府とイスラム主義組織との間の実際の和解は依然として限られている .

権威主義の下で反対派を支持するために有権者を導くもの ?

マイケルのDH. ロビンズ

Elections have become commonplace in most authoritarian states. While this may seem to be a contradiction in terms, in reality elections play an important role in these regimes. While elections for positions of real power tend to be non-competitive, たくさんの
elections—including those for seemingly toothless parliaments—can be strongly contested.
The existing literature has focused on the role that elections play in supporting the regime. 例えば, they can help let off steam, help the regime take the temperature of society, or can be used to help a dominant party know which individuals it should promote (Schedler 2002; Blaydes 2006). まだ, while the literature has focused on the supply-side of elections in authoritarian states, there are relatively few systematic studies of voter behavior in these elections (see Lust-Okar 2006 for an exception). それよりも, most analyses have argued that patronage politics are the norm in these societies and that ordinary citizens tend to be very cynical about these exercises given that they cannot bring any real change (Kassem 2004; Desposato 2001; Zaki 1995). While the majority of voters in authoritarian systems may behave in this manner, not all do. 実際には, at times, even the majority vote against the regime leading to
significant changes as has occurred recently in Kenya, the Ukraine and Zimbabwe. まだ, even in cases where opposition voters make up a much smaller percentage of voters, it is important to understand who these voters are and what leads them to vote against the
政権.

なぜアラブの民主主義がないのですか ?

ラリーダイアモンド

During democratization’s “third wave,」民主主義はほとんど西洋の現象ではなくなり、「グローバル化」した。第三波が始まったとき 1974, 世界は約 40 民主主義, そのうちのほんの数人が西の外に横たわっていました. JournalofDemocracyが出版を開始するまでに 1990, あった 76 選挙民主主義 (世界の独立国の半分弱を占める). 沿って 1995, その数は117に達し、5つの州ごとに3つになりました。. それまでに, 中東を除いて、すべての主要な世界地域に臨界量の民主主義が存在しました。1さらに, 世界の主要な文化的領域のすべてが、重要な民主的存在のホストになりました, アラブ世界という1つの例外を除いて、再びです。215年後, この例外はまだ有効です.
アラブ世界に民主主義体制が1つも存在しないことは、著しい異常であり、民主主義のグローバリゼーションの主な例外です。. なぜアラブの民主主義がないのか? 確かに, 中東と北アフリカ沿岸の16の独立したアラブ諸国の中でなぜそうなのか, レバノンはこれまで民主主義であった唯一の人です?
アラブの民主主義の赤字についての最も一般的な仮定は、それが宗教や文化と関係があるに違いないということです. 結局, すべてのアラブ諸国が共有する一つのことは、彼らがアラブ人であるということです.

民主主義, アラブ世界におけるテロリズムとアメリカの政策

F. グレゴリーガウーズ

The United States has embarked upon what President Bush and Secretary of State Rice has called a “generational challenge” to encourage political reform and democracy in the Arab world. The Bush Administration and other defenders of the democracy campaign contend that the push for Arab democracy is not only about spreading American values, but also about insuring American security. They hypothesize that as democracy grows in the Arab world, anti-American terrorism from the Arab world will decline. したがって、, the promotion of democracy inthe Arab world is not only consistent with American security goals in the area, but necessary to achieve those goals.
Two questions present themselves in considering this element of the “Bush Doctrine” in the Arab world: 1) Is there a relationship between terrorism and democracy such that the more democratic a country becomes, the less likely it is to produce terrorists and terrorist groups? 言い換えれば、, is the security rationale for democracy promotion in the Arab world based on a sound premise?; と 2) What kind of governments would likely be generated by democratic elections in Arab countries? Would they be willing to cooperate with the United States on important policy objectives in the Middle East, not only in maintaining democracy but also on
Arab-Israeli, Gulf security and oil issues?
This paper will consider these two questions. It finds that there is little empirical evidence linking democracy with an absence of or reduction in terrorism. It questions whether democracy would reduce the motives and opportunities of groups like al-Qa’ida, which oppose democracy on both religious and practical grounds. It examines recent trends in Arab public opinion and elections, concluding that while Arab publics are very supportive of democracy, democratic elections in Arab states are likely to produce Islamist governments which would be much less likely to cooperate with the United States than their authoritarian predecessors.

穏健イスラムとヨーロッパの婚約

して、Kristina Kausch

Direct engagement1 with Islamist political movements has typically been a no-go for European governments. In recent years, しかし、, the limits of the European Union’s (ME) stability-oriented approach towards cooperation with authoritarian rulers in the Middle East and North Africa (中東北アフリカ) to defend EU strategic interests in the region have become increasingly obvious. Incumbent MENA rulers’ attempts to portray the European choice of interlocutors in the region as either stabilising governments or de-stabilising Islamists are increasingly perceived as short-sighted and contradictory. Recent debates suggest that the search for viable alternative policy approaches is leading to a shift in European policy makers’ attitude towards moderate2 Islamist actors.
There is no shortage of incentives to redirect the course of EU policies in the region. Preventing the
radicalisation of Islamist movements in the region is an integral part of the EU’s counter-terrorism strategy. It
has become common wisdom that substantial political reform will only happen through effective pressure from
内部. Non-violent, non-revolutionary Islamist parties that aspire to take power by means of a democratic
process have therefore often been portrayed as potential reform actors that carry the hopes of a volatile region
for genuine democratic development and long-term stability

"イスラム主義の台頭”

知事ナスル

幽霊は、イスラム世界を苦しめている. この特定の亡霊がnotthe悪意と大いに原理主義の精神を議論過激です, もまだファントム希望リベラルイスラムとして知られて. 代わりに, the specter that I have in mind is a third force, a hopeful if still somewhat ambiguoustrend that I call—in a conscious evocation of the political tradition associated with the Christian Democratic parties of Europe—“Muslim Democracy.”The emergence and unfolding of Muslim Democracy as a “fact on the ground” over the last fifteen years has been impressive. This is so even though all its exponents have thus far eschewed that label1 and even though the lion’s share of scholarly and political attention has gone to the question of how to promote religious reform within Islam as a prelude to democratization.2 Since the early 1990s, political openings in anumber of Muslim-majority countries—all, admittedly, outside the Arabworld—have seen Islamic-oriented (but non-Islamist) parties vying successfullyfor votes in Bangladesh, インドネシア, マレーシア, パキスタン (beforeits 1999 military coup), and Turkey.Unlike Islamists, with their visions of rule by shari‘a (イスラム法) oreven a restored caliphate, Muslim Democrats view political life with apragmatic eye. They reject or at least discount the classic Islamist claim that Islam commands the pursuit of a shari‘a state, and their main goaltends to be the more mundane one of crafting viable electoral platform sand stable governing coalitions to serve individual and collective interests—Islamic as well as secular—within a democratic arena whosebounds they respect, win or lose. Islamists view democracy not as something deeply legitimate, but at best as a tool or tactic that may be useful in gaining the power to build an Islamic state.

イスラム勢力: 政治的自由 & 民主主義

ユースフ・アル・カラダウィ博士

それはの義務です (イスラムの) 全体主義と独裁の支配にしっかりと立ち向かう次の段階の動き, 政治的専制政治と人々の権利の奪取. 運動は常に政治的自由を支持するべきです, trueで表されるように,偽ではない, 民主主義. それは暴君の拒否をきっぱりと宣言し、すべての独裁者を避けなければなりません, 一部の暴君が、ある程度の利益のために、そして通常は短い時間のために、それに善意を持っているように見えても, 経験によって示されているように。預言者 (SAWS) 前記, 「あなたが私の国が恐れの犠牲になり、間違った行為者に言わないのを見るとき, "あなたは間違っている", そうすれば、あなたは彼らに希望を失うかもしれません。」それで、人々にうぬぼれた不正行為者に言わせる体制はどうですか, 「どのように, あなたはどれほど素晴らしいですか. おお、私たちのヒーロー, 私たちの救い主と解放者!」コーランはNumrudhのような暴君を非難します, ファラオ, ハマン他, しかし、それはまた暴君に従い、彼らの命令に従う人々を非難します. これがアッラーがノアビーの人々を非難する理由です, 「しかし、彼らは従います (m in) その富と子供たちは彼らに増加を与えず、損失を与えるだけです。」 [ノアの手紙; 21]アッラーはまた広告について言います, ハッドの人々, 「そして、すべての強力な命令に従いました, 頑固な違反者」. [ハドの手紙:59]コーランがファラオの人々について言っていることも見てください, 「しかし彼らはファラオの命令に従った。, そしてファラオの命令は正しく導かれなかった。[ハドの手紙: 97] 「こうして彼は自分の民を馬鹿にしました, そして彼らは彼に従いました: 本当に彼らは反抗的な人々でした (アッラーに対して).」 [Surat Az-Zukhruf: 54]現代のイスラム国家とイスラム運動の歴史を詳しく見ると、イスラム教徒が, イスラム運動とイスラムの目覚めは、民主主義と自由の雰囲気がない限り、繁栄したり実を結んだりしたことはありません。, そして、イスラム教に固執した人々の意志を踏みにじった抑圧と専制政治の時にのみ、枯れて不毛になりました. そのような抑圧的な政権は彼らの世俗主義を暗示した, 力と強制による彼らの民族に対する社会主義または共産主義, 秘密の拷問と公の処刑を使用する, 肉を引き裂いた悪魔のような道具を使う,血を流す, 骨を砕き、魂を破壊しました。私たちは多くのイスラム諸国でこれらの慣行を見ました, トルコを含む, エジプト, シリア, イラク, (前者) 南イエメン, さまざまな期間のソマリアおよび北アフリカ諸国, 各国の独裁者の年齢や治世によって異なります。, 私たちはイスラム運動とイスラムの目覚めが実を結び、自由と民主主義の時代に繁栄するのを見ました, そして、恐怖と抑圧で人々を支配した帝国体制の崩壊をきっかけに。, イスラム運動が政治的自由と民主主義以外のものを支援できるとは思いませんでした。暴君はあらゆる声を上げることを許可しました, イスラムの声を除いて, そして、すべてのトレンドを、ある種の政党または団体の形で表現させます。, この国を実際に語り、それをスクリードで表現する唯一の傾向であるイスラムの流れを除いて, 値, 本質と存在そのもの.

インクルード 500 最も影響力のあるイスラム教徒

ジョンエスポジート

イブラヒムカリン

あなたがあなたの手の中に持っている出版物は、我々はイスラム世界の有力者にウィンドウを提供しanannualシリーズことを願って何の最初のものです. 私たちは、イスラム教徒として影響力のある人々を強調するために努力してきました, あれは, その影響イスラム教の彼らの練習から、または、彼らはイスラム教徒あるという事実に由来している人. これにより、イスラム教徒が世界に影響を与えるさまざまな方法について貴重な洞察が得られると思います, また、今日のイスラム教徒としての人々の生活の多様性も示しています。影響力はトリッキーな概念です。. その意味は、ラテン語のinfluensmeaning toflowinに由来します, 目に見えない力という古い占星術のアイデアを指しています (月のように) 人類に影響を与える. このリストの数字は人類にも影響を与える能力を持っています. このリストの各人は、さまざまな方法で、地球上の多数の人々の生活に影響を与えています。. The 50 最も影響力のある数字がプロファイルされます. それらの影響はさまざまなソースから来ています; しかし、それらはそれぞれが人類の巨大な帯に影響を与えるという事実によって統一されています。 500 にリーダー 15 カテゴリ-学術的に, 政治,管理, 系統, 説教者, 女性, 若者, 慈善活動, 開発,科学技術, 芸術と文化, メディア, ラジカル, 国際IslamicNetworks, と今日の問題—イスラム教とイスラム教徒が今日の世界に影響を与えるさまざまな種類の方法を理解するのに役立ちます。2つの複合リストは、影響がさまざまな方法でどのように機能するかを示しています: InternationalIslamic Networksは、イスラム教徒の重要な国境を越えたネットワークの先頭にいる人々を示しています, とIssuesof the Dayは、人類に影響を与える現在の問題が重要である個人を強調しています.

アルジェリア: イスラム国家または世俗国家の見通し

時Akacem

What are the prospects for an Islamic state in Algeria nowadays? Before wecan answer that question, we must first understand the political, economic,and social developments that have recently taken place in Algeria. !ese eventswill shed some light on the decline of the Islamist movements.Soon after independence, Algeria adopted an inward-oriented “socialist”system. Its economic development model depended on revenues fromhydrocarbons, mainly oil. さらに, the public sector dominated the economicactivities through the State Owned Enterprises (SOEs) that were supposed tocatalyze the economic and social development of the country. !e governmentwas the main supplier of subsidized food, utilities, housing, 教育, andjobs. In this first phase of the socialist experience, the government successfullyfaced “the problems of development,” and it could deliver the just-mentionedgoods and services as long as oil prices and oil revenues were high enough.1 !egovernment, しかし、, failed to face “the development of problems” during thesecond phase of its socialist experience. A huge decrease in the price of oil inthe mid-1980s, from around $40 to around $6 a barrel in few weeks, left thegovernment unable to provide better living standards for a population that haddoubled in size since independence. Since oil revenues were, and still are, themost important source of foreign currency for the country, the drastic decreasein crude oil prices had several consequences. 最初, it led to a severe foreign debtcrisis. 2番, there was a dramatic reduction in the volume of imports—inparticular, food products. !ird, the government’s budgetary resources werereduced by about 50%. ついに, there was a severe economic recession that ledto social protests that led, in turn, to “bread rioting.”